お知らせ
アクセスマップ
お問い合わせ
大学院生募集 関連病院の紹介 病棟再開発係記事 医学部付属病院 うさぎ保育園 出雲市 市役所公式ホームページ

大学院生募集

博士課程の大学院生を募集しています。

資格

・医学部卒業者
・4年生大学卒業後 2年間の修士課程を修了した者

内容

・研究者育成コース
大学院4年間で基礎研究・臨床研究を行い、その内容を英文論文にまとめることで研究者としての基本的な能力を身につけます。 
博士の学位を取得し将来の大学の教員、研究者を目指すコースです。
 

・高度医療人育成コース
医師免許を有する医師が対象です。
消化器内科の専門医となるために必要な知識と技術の取得を4年間行います。4年の間に消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医、あるいは肝臓病学会専門医を得ることを目指します。さらに臨床研究を行いその結果を英文論文にまとめることで臨床研究の基本を身につけ博士の学位を取得します。
将来の基幹病院での消化器内科の専門医を目指すコースです。

 

現在の研究内容(研究グループ別)

上部消化管グループ

・好酸球性消化管障害の病態におけるIL-33 の機能解析
・ラマン分光イメージングによる白血球の分子レベル解析
・Barrett 食道の形成・進展におけるNotch シグナルの及ぼす影響に関する検討
・健康成人を対象とした全周8ch pH・圧モニタリングシステムを用いた下部食道における酸暴露
 と運動能についての検討
・原発性不眠症患者の中で、PPI が有効な例がどれくらい存在するかを明らかとするための研究
  −前向き、多施設、二重盲検試験−   
・Barrett 食道の内視鏡的surveillance におけるpit pattern 及びcapillary pattern 観察の意義
・胃食道逆流症(GERD)症状の発現に対する多刺激痛覚レセプターの影響に関する検討 
・睡眠障害を有するGERD 例に対するmosapride の有効性の検討
・年齢別GERD 有病率調査
・PPI 抵抗性GERD の病因についての観察研究
・Metoclopramide のLES distensibility、食道運動に及ぼす効果に関する研究
・Barrett 食道の発症機構に関する基礎的検討 
・食道収縮力と胃食道移行部の伸展抵抗性に対する高用量モサプリドの影響についての検討
・健診受診者を対象とした消化管症状と睡眠障害との関連に関する検討

 

下部消化管グループ

・炎症性腸疾患の診断と治療に関する臨床研究
・炎症性腸疾患の発症に関わる自然免疫の研究
・免疫応答を制御する抑制分子に関する基礎研究

 

肝臓グループ

① NASH モデルにおけるCoenzyme Q10 の効果
② NASH モデルにおけるMFG-E8 の役割
③ 肝細胞の脂肪沈着に関する分子生物学的検討
④ Minimal encephalopathy における抑肝散の意義についての検討
⑤ 高アンモニア血症を伴う肝硬変患者における亜鉛・エルカルチンの相乗効果についての検討
⑥ 進行肝細胞癌におけるソラフェニブ投与期間に及ぼす因子の検討
⑦ 肝細胞癌におけるRFA 焼灼範囲拡大に関する検討
⑧ Realtime tissue elastraphy に及ぼす心機能の影響についての検討

 

大学院生募集

 
4年間臨床研究や基礎研究を行いながら、大学病院で診療にも携わって消化器内科の教員、研究者、専門医となることを目指す人達を求めています。

大学院在学中の収入は大学病院の医師としての収入に加え、周辺の病院での非常勤の仕事を紹介します。
研究費はすべて医局で用意をします。
 

消化器内科に興味のある人達!一緒に頑張りませんか!