はじめに

カプセル内視鏡 カプセル内視鏡セット

 

カプセル内視鏡は,経口的に嚥下した後に,消化管(主に小腸)を撮影することができる,幅11mm,長さ26mmのカプセル型の内視鏡です(写真1)。これまで診断が困難であった小腸の出血性疾患や腫瘍が,カプセル内視鏡で診断される例が多く経験されるようになりました。

日本では2007年10月から保険適応となり,当院では2008年12月から検査を行っていますが、約半数で出血源と思われる小腸病変(毛細血管拡張、NSAIDs潰瘍、小腸腫瘍、GIST等)が発見され、診断・治療に大きく貢献しています。 

 

保険適応(2010年1月現在)

原因不明の消化管出血
(上部消化管内視鏡、大腸内視鏡あるいはバリウム注腸検査を行っても出血源不明の消化管出血)

◎当院では、上部消化管内視鏡、大腸内視鏡あるいはバリウム注腸検査、さらに腹部CT検査を行っても原因不明の消化管出血に対して、カプセル内視鏡検査を行っています。

 

注意・禁忌例

  • ペースメーカー装着症例
  • 腸管狭窄症例(クローン病、手術による癒着等)
  • 嚥下障害等でカプセルが飲めない症例

 

検査の流れ

外来受診(初診)

ご紹介について

消化管出血において、上部消化管内視鏡、大腸内視鏡あるいはバリウム注腸検査、腹部CT検査などを行っても原因不明の場合は、 消化器内科・担当医(月~金) へご紹介下さい。

ご不明な点はお問い合わせください

 <お問い合わせフォーム>

 

  • 検査の必要性を担当医が判断します。
  • 検査の方法・偶発症について担当医が説明し、検査日を決めます。  

wordファイル説明と同意書(DOC:1.5MB)はこちら   

次へ

 

検査当日  

*下記の検査方法は変更されることがあります。

  • 前日の夕食後から絶食して来院(少量の飲水は可能です)
  • 検査室( 2階光学医療診療部 )でレコーダを装着し(写真3~5)、カプセル内視鏡を嚥下し検査開始
  • 検査中、日常生活可能
    (入院の必要はありません。カプセルが体内にある間はMRI検査を受けられません)
  • 検査開始4時間後から食事可能
  • 撮影(2010年1月現在、約13時間)が終了したらレコーダを自分で外します
    (撮影終了後、時間がたった後に外しても問題ありません)

 

次へ

 

検査翌日

  • 検査室( 2階光学医療診療部 )にレコーダを返却してください
    (翌日が休祝日の場合は、お休みがあけてから返却して下さい)

 

次へ

 

外来受診(結果説明)

  • 1~2週間後の再診時に結果説明
  • カプセルの排泄が確認できていない場合はレントゲン撮影で体内に残っていないか確認します(通常3日以内に排泄されます。長期間体内に残っているときは小腸内視鏡や手術で除去することがあります)
検査流れ1 検査流れ2 検査流れ3

 

 

実際のカプセル内視鏡の動画

準備中